妊娠すると葉酸摂取が必要ですよ!って母子手帳に記載されていますよ
ね。
なぜか?っていうと、妊娠初期の段階にはお腹の中の赤ちゃん(胎児)
の神経管の形成の働きが行われていて、その働きにとって重要な成分が
葉酸なんです。
とても必要な栄養素。
葉酸の栄養素は、お腹の中の赤ちゃんの健康に育っていくためには、
なくてはならない成分なんですよ。

でも、ちょっと疑問に感じる事はありませんか?
母子手帳を手にした時っていうのは、すでに?お腹の中の赤ちゃんの、
神経管形成の働きというのは終わっているのではないだろうか?って。

実はそうですよね。終わっていますよね。
えっ!ってことは、この妊娠初期段階に葉酸の栄養素を摂取していない
ってことは、もうこれから葉酸を摂取しようとしても意味がない?!?

大丈夫です!そんなことはないですよ!
葉酸の摂取をする事に気が付いた時からでも、決して遅いということは
ありません!
気が付いた時からでも、葉酸を摂取したほうがいいのです!

それは、お腹の中の赤ちゃんの生育に問題が発生するというトラブルの
可能性があり、また、赤ちゃんだけではなく、お母さんである妊婦さん
にも悪性貧血になりやすいという悪影響が考えられるからです。

葉酸の不足で悪性貧血?と疑問に感じるかもしれませんが
「貧血=鉄分」が一般的ですが、悪性貧血の場合に関しては少々違って
血液中で赤血球というのは酸素を運ぶ働きをするのですが、その大事な
赤血球を作るために必要な栄養素が、葉酸とビタミンB12なんです。
葉酸の栄養成分が不足しがちだと、この大事な赤血球がうまく作ること
が不可能になり、酸素をしっかりと運べなくなってしまうのです。

っということは、酸素がない=酸欠なので、酸素をお母さんから
貰って成長していく赤ちゃんは酸欠状態になってしまいます。
生きていくためには絶対必要不可欠な酸素!これが滞ってしまいます!

ですから、気が付いた時から葉酸の栄養成分を摂取することは非常に!
大切!なんですね。

遅すぎる事はないのですから、しっかりと葉酸を摂取しましょう!